2015年06月09日

生活を営むには重要な知識

消費者金融業者の融資審査で主に調べられるのは、ユーザーの「返済スキル」なのです。

「変動が少なく将来性ある収入源が存在するか」ということが鍵とされています。

就職していなくて月収の見込額ゼロの方が審査に合格することはありえないわけですがとある事情によって勤め先を休職しているときの審査ポイントについて触れさせて頂きます。

休職者であれば審査に合格する期待値は恐ろしく低下するでしょう。

休職が明ける目処が見えないとなってくると中でも難関です。

けれど、給料の支給はある、副業の収入がある、家族も勤務しているときなどケースによりますが審査に合格する希望も持てます。

休職状態でも承認される具体例を示すと、休職していても職場から給与は継続しているときは、キャッシングの承認される見込みがあります。

給与減額の際も同じように処理されます。

ただ、借入希望の際にはっきりと「休職状態であること」を連絡しておかなくてはいけません。

恥ずかしがって虚偽記載するのはやめたほうが無難です。

なぜならば、審査のときは必ず在籍判定があるからです。

在籍調査とは、貸金業者の担当官が、申請者の勤め先に電話をして、その勤務先にきちんと雇われているか確認する手段です。

その中で休職しているという真相が知られる可能性は相当にあると予想されます。

虚偽記載をして調べてから気づかれるときは、大幅に信用されなくなります。

会社が支払う給与とは別ルートで副業の稼ぎを持つ場合、それを申告すれば審査を抜ける可能性があります。

とはいえ、源泉徴収票、所得証明書、確定申告書など年収の証明となる書類の添付が必要です。

当然ですが添付書類で証明が不可能な収入は、どれだけ桁が大きかろうとも不承認とされます。

例を挙げれば賭け事で増やしたといった不安定な収入は拒絶されます。

似顔絵師 しんのすけ
posted by ファッションアイテム at 08:19| ファッションアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。